五島うどんあれこれ

五島うどんレシピ③

【美味しい麺つゆの作り方】

1・あごだしつゆ(4人前)

  5カップの水に昆布(10㎝角)と焼あごを入れ一晩つけこみます。

  火を煮立ったら昆布を出し、みりん(1/2カップ強)としょうゆ(大さじ4)を

  加え、ひと煮立ちさせます。

  お好みにより薬味を加えてお召し上がり下さい。

2・たまごのつゆ(1人前)

  基本のつゆ、またはアゴだしつゆに溶き卵を入れ、ネギ・生姜・鰹節などの

  薬味を加えてお召し上がり下さい。

3・ごまみそつゆ(1人前)

  みそは白みそか、あまり辛くない赤みそ(小さじ1)と、白ごまをサッと

  炒ってすったものを(小さじ2)合わせておきます。

  これを基本のつゆ、またはアゴだしつゆ(1/2カップ)に加えます。

  お好みにより薬味を加えてお召し上がり下さい。

4・基本のつゆ(4人前)

  鍋にみりん(1/2カップ強)を入れ、中火で煮立てます。

  煮切ったみりんに砂糖を少々加えると甘味のあるつゆになります。

  さらにしょうゆ(大さじ4)を加え、全体になじませてから昆布と削り節で

  とっただし汁(3カップ)を加え、ひと煮立ちさせます。

  (すぐ火を止めると薄味に、煮詰めれば濃いめのつゆになります。)

  お好みにより薬味を加えてお召し上がり下さい。

五島うどんレシピ②

【豚肉の肉つけ汁うどん】


◎材料(3人前)

五島うどん   300g        豚バラ      200g

しめじ     1袋        油揚げ    1枚

長ネギ      1/2本       めんつゆ    200cc

みりん      50cc        料理酒     50cc

水        600cc       生姜    (お好みで)


◎作り方

  五島うどんをたっぷりのお湯で6~8分茹でる。

  300gのうどんは3Lのお湯で!

1・豚肉・油揚げ・ネギはお好みの大きさにカット。

2・鍋に水、めんつゆ(2倍濃縮)みりん、酒、豚肉を入れて煮る。

  アクを取り除く。

3・沸騰したら、油揚げ、しめじ、ネギを入れ5分程煮込めば

  出来上がり。

4・うどんをつけて、お召し上がり下さい。

  あたたかくしても、冷たくしてもOKです。



【おやつに揚げうどん!!】

余ったゆでうどんでおやつにアレンジ!!


◎材料

ゆでうどん    お好みで     小麦粉    適量      

揚げ油      適量

あじ塩       適量      カレー粉   適量


◎作り方

1・ビニール袋にゆでうどんと小麦粉を入れうどん全体にまぶす。

2・ 揚げ油を170~180度に熱して、1のうどんを少量ずつ揚げていく。

  (余分な粉は落とす。)

  多く入れすぎると、くっついてしまうので注意!!

3・ きつね色になるまでカラッと揚げる。

4・3が揚がったら、あじ塩とカレー粉をまぶして出来上がり!!

※ カレー粉とあじ塩の他にきな粉と砂糖でも美味しいです。

五島うどんへのお声

【うどん激安/お試しセット】

1000円だったが送料込みとしては安いと感じた。

あごだしスープですが、少し塩が利き過ぎて

喉が渇いた。でもでも、満足でした!!

愛知県 大城さま

【五島うどん】

三大うどんはあるが、それらに負けず美味!

神奈川県 野口様

【五島うどん】

主人の朝食はうどんです。

大変喉ごしが良く、飽きずにせっせと食べて

います!!

茨城県 吉崎様

【五島うどん】

寒い季節は味噌煮込みで!!

夏の休日は冷しサラダうどん

(レタス・トマト・きゅうり・シーチキン)などで

頂きます。子ども家族も大好きです!!

千葉県 岩佐様

【五島うどん】

一月に入り寒さが続く中、五島うどんが届き

ました。地獄炊きにして早速いただきました。

ネギが美味しいこの時期サッとゆでたねぎと共に

ツルツルのお五島うどん 美味しく頂きました。

福岡県 蔵内様

【バラエティセットC】

手延べふしめんを初めて食べました。

大変美味しく食べさせてもらいました。

かんころ餅は懐かしい味で、久しぶりに

美味しく頂きました。

福岡県 前田様

【あごだしスープ】

何にでも使えるスープ!!

実家にあったスープが欲しくて注文

しました。あごだし本当に美味しいです。

リピしそうな予感です。その時は宜しく

お願いします!!

【五島うどん】

やはり五島うどんは美味しいです。

長崎勤務中から食しています。

懐かしい味、特に地獄炊きが一番です。

大阪府 中村様

【バラエティセットA】

私は麺類が大好きでいろんな場所から購入

していますが、五島うどんはとても美味しいです。

兵庫県 原田様

【五島うどん】

五島うどん大好きです。麺の硬さが最高でした。

ごちそうさまでした。

長崎県 三宅様

【五島うどん】

食べやすく美味しい!保存食としても重宝します。

広島県 山田様

【五島うどん・ふしめん】

3年位前に夫婦で五島に旅行に行き、その時に

五島うどんを食べました。のどごしの良さが気に

入り帰ってからも時々注文しています。

兵庫県 久保田様

【五島うどん】

姉より毎年お歳暮として頂いています。

冷でも温でも美味しい!

数十年前に姉から頂いて大ファンになりました。

北九州のデパートに五島うどんを食べられる

お店があります。昼ランチで出かけた時は食べて

います。

福岡県 辻井様

【五島うどん・あごだしスープ

細麺のうどんがコシがあり、家族で毎日食べて

います。冬はアツアツのうどんで満足です。

五島うどんのあごだしスープは、汁物や煮物等に

常食しています。

味がとても良く手放せません。

広島県 遠藤様

【五島うどん】

つるつる感が大好きです。

地獄炊きうどんで食べると、麺の美味しさが

良くわかります。食べすぎに注意の我が家です。

愛知県 宇野様

【五島うどん・あごだしスープ】

私は五島出身です。

いつも同級生からも、うどんを送ってもらって

います。椿油を使ったうどんは、のどごしが良く

娘達の家族にも大変人気があります。

我が家では、スープも色々な料理に使っています。

愛知県 岡部様

【五島うどん】

お友達に頂いて、初めて食べましたがのどごしもよく、

とても美味しくいただきました。

あごだしスープも最高でした。

埼玉県 宮原様

【五島うどん】
知り合いの人からいただきました。
その直後、テレビで五島うどんの事を知り
改めて作り方・材料など分かり、伝統のうどんで
ある事が良く分かりました。とてもおいしかったです。
宮崎県 吉村様

【五島うどん】
娘の嫁ぎ先から御歳暮に頂きました。電気鍋に
直接うどんを入れ、お正月にワイワイ食べました。
こしが強く、なめらかな舌ざわりはクセになりそうです。
今後も是非末長く食べていきたいです。
大分県 前山様

【五島うどん】
秋田にも「おいしい」うどんがありますが、「ダシ」が
おいしくいただいてます。又、注文させて貰います。
秋田県 高畑様

【五島うどん】
細めんで腰があり、今迄求めた麺より一番よいうどん
福岡県 白水様

【五島うどん】
五島うどんを8月に初めて購入してから、つるつるした
喉越しと、コシのある麺の大ファンになりました。
この味を楽しんでいただきたくて、お歳暮に選びました。
皆さん喜んでくださると嬉しいです。
千葉県 萩原様

【五島うどん あごだしスープ】
いただき物で最初に食べ、あまりのおいしさに母が
取り寄せてくれました。
食卓に欠かせないものになりそうです。
東京 梅原様

【五島うどん】
麺の太さがちょうど良いです。
私は特別にトッピング等しないで、そのままが一番です。
あとは、セットですし飯があれば十分です。
お寿司とのセット販売もご検討下さい。
長崎県 出口様

【五島うどん】
うどんのツルリが大変良かった。
あごだし。初めてですがおいしかった。
大阪府 橋爪様

【五島うどん】
大変美味しく頂いてます。知人に配ってます。
熊本県 丸岡様

【五島うどん】
めんは細いのですが、腰がありなめらかで
のどごしが良く食べやすい。食べてびっくりしました。
とてもおいしかったです。
静岡県 内山様

【五島うどん】
太さも食べやすく出しがもっともおいしい。
食べすぎるほどでした。
香川県 西野様

【五島うどん】
間違いなし!うまい!
東京都 橋口様

【五島うどん
五島うどんが大好きで初ネット注文です。
鍋に入れても美味しいままで、本当に一番好きな
うどんです。また、注文すると思います!!
ありがとうございます!美味しい!!
兵庫県 岡山様

【五島うどん】
私の朝食は毎日五島うどんです。トッピングは、玉子・
ねぎ・天かす・とろろ昆布。時たま昼にカレーうどんに
して食べます。本当に美味しいし、毎日食べても
飽きません。ありがとうございます。
鳥取県 山根様

【五島うどん本手巻+麺つゆ+スープ付き】
在町時(有川)はじめて食べた五島うどんの味が最高で
四季折々味わっています。
今回、あごだし付き・うどんスープ付きをいただき、
更に味わい深く腰の強いうどんを、地獄やかけうどんで
いただき、往時有川時代を思い出した次第です。
長崎県 河野様

【五島うどん】
麺工房こんどうさんの手延べうどんを、毎年美味しく
食べさせていただいています。かけうどんを定番に
釜揚げ、釜玉、ざるうどん、地獄炊きなどなど・・・
今ではレパートリーもだいぶ広がり、いつまでも
美味しく食べられています。
長崎県 山口様

【五島うどん】
故郷のうどんです。
昔から五島うどんの大ファンでインターネットで娘に
注文してもらい嬉しく頂きました。
大阪府 楠様

【五島うどん】
細いのにコシがあり、食べやすくおいしかったです。
埼玉県 萩原様

【五島うどん】
最初は有川にお住まいの友人から送って頂き、
食べたらとってもおいしくて、翌年からは中元・お歳暮と
毎年送ってもらっています。もらった人から「いつも美味
しいうどんありがとう」という言葉がかえってきてとても
幸せな気持ちです。
これからも末永くよろしくお願いします。
長崎市 五反田様

【五島うどん】
のどごしの良い美味しいうどん
皆で喜んで頂いております。贈り物に利用してますが、
先方さんも大変喜んでもらっています。
兵庫県 松田様

【五島うどん】
太いうどんを好まれる人々が多い土地柄ですが、
食べてみてのどごしがとても良くて美味しいので、
すっかりファンになりました。
埼玉県 北田様

【五島うどん】
うどんの長さも鍋に入れやすくちょうど良いと思う。
五島うどん・あごだしスープが入っているので、とても
便利で皆にすすめました。(味もおいしい)
静岡県 山本様

【五島うどん・手延べふしめん】
五島の色々な品を詰合せたものを頂きました。送って
頂くたびに喜んでいます。子供達にもおすそ分けして
います。塩加減がとても良くのどごしも良く大変美味
しく頂いています。
五島に旅行するのが夢です。
千葉県 手島様

【五島うどん・手延べふしめん】
つるっと食感がよく細うどんでおいしかったです。
スープも良かったです。味噌汁にふしめんを湯がかず
入れては駄目なのか・・それが出来れば手軽に使えると
思いました。これも本当にのどごしが良かったです。
大阪府 桑田様

【五島うどん】
細くて、やわらかくて食べやすい。ふんわりなる。
茹で過ぎにはならない。
長崎県 逹田様

【五島うどん・手延べふしめん】
以前から五島うどんが大好きで、よく買って食べて
います。
なめらかさと腰の強さが気に入っています。
今回、ふしめんは初めて頂きました。
とても美味しかったです。
長崎県 中村様

【五島うどん】
とても滑らかでツルツルでおいしかったです。
友達も美味しかったと言っています。
おすそ分けのお返しに使います。
埼玉県 地野様

【五島うどん】
私はラーメン・うどん好きですが、お汁まで飲み干した
事はありません。体のためにも。でも、この五島うどん
汁はいつもキレイに飲んでしまいます。
離れて暮らしている娘に送ってやると美味しい!との
電話。半信半疑で買ってみたけど正解!
栃木県 島田様

【五島うどん】
五島うどんは冷やしでも、温かいうどんでも美味しく
食べてます。特にあごだしがいいですね。
東京都 目黒様

【五島うどん】
ツルツル、しこしこ、こんな食感は初めてです。
夏には冷やしで食べてみたいです。
パスタ風の調理にも挑戦してみます。
広島県 有田様

【五島うどん】
五島うどんを知ってから、美味しかったので友人や知人に
プチギフト(小)を手軽に差し上げて喜ばれております。
あごだしスープも便利で利用しております。
東京都 斉藤様

【五島うどん・あごだしスープ・あをさ】
家族みんな大好きで、五島うどん家庭用段ボール入りを
定期的に購入しています。
我が家のブームは五島うどんに、あをさをトッピング!
それとあをさの天ぷらを付ければ最高です。
2歳11カ月の孫も、あをさの天ぷらを片手に五島うどん
ツルツル。「うどん たべるー」と、よくおねだりして
います。
これからも、美味しいうどんを送って下さい!
島根県 平瀬様

【五島うどん】
五島うどんの地獄炊き、大変美味しいです。
焼うどんなどにもよく利用します。五島に転勤して初めて
知りましたが、もう30年程食してます。
福岡県 古賀様

【五島うどん・あごだしスープ】
五島うどんはコシがありツルツルでおいしい。
さらにあごだしスープがよく合って美味。
福島県 齋藤様

【五島うどん】
麺にコシがあるので、煮込んでも伸びず鍋には
必ず入れています。
ストックがないと困ります。
福岡県 荒木様

【五島うどん】
毎年、五島市の姉から年2回ほど送ってもらいます。
子供も大好きで大変喜んでます。
麺もコシがあり、ご近所でも好評です。
あごだしも、いろんなものに活用してます。
和歌山県 瀬戸様

【冬のバラエティセット】
バラエティセットは送料無料で、しかも他の商品も
買えたのでありがたかったです。子供、知人にも差し上げ
て喜んで頂いています。次回も宜しく。
青森県 小野様

【五島うどん】
初めて食べました。
レシピ通りに地獄炊きうどんにして食べました。
細くシコシコしていて、食べやすかったです。
東京都 永田様

【五島うどん・手延べふしめん】
ふしめんは鍋に入れて、また御飯と一緒にドリアン風に
しています。うどんは汁の味を色々と変えて冷やしで。
一番うどんの味がわかります。
沢山残ったときは焼うどん!
埼玉県 藤田様

【五島うどん】
日本の三大うどんの内で、私の食感においてベスト1です。
友人から頂きましたが、通販でも購入したい商品です。
広島県 有田様

【五島うどん】
五島うどんが大好きです。
普通のうどんは伸びてしまいますが、お出汁に付けて
いても伸びることなく、すき焼き鍋にもってこいです。
長崎県 中川様

【五島うどん】
五島うどんの麺の太さは丁度良く、
あごだしもとてもおいしいです。
栃木県 赤荻様

【五島うどん】
細めのうどんでとても美味しいです。
冷やしても、温めても美味しい。
時間が経っても美味しさが残っている。
埼玉県 鷹川様

【五島うどん】
茹でてからも伸びにくく、喉ごし良し歯ごたえ良しで、
夏は冷たく冬は温かく、1年を通して家族全員で食べさ
せて頂いております。
今後とも変わらぬ味を守り続けて頑張って下さい。
北海道 鳥谷様

【五島うどん】
うどんの料理方法が分かり易く文字と絵で表示してあり
私共にとっては助かりました。スープのあご粉末入りは、
当地では手に入らず貴重でした。
味は当地の者にも美味しく味わいました。麺も丁度良い
コシの強さで、滑らかな食感でした。
栃木県 坂本様

【五島うどん】
五島うどんのツルツル感と喉ごしの良さで、大ファンに
なりました。ご近所の友達に差し上げ、とても喜ばれました。
東京都 中原様

【五島うどん】
いただき物でご賞味させて頂きましたが、細麺好きの
私としては、とても美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。
兵庫県 寺地様

【五島うどん】
やさしく、それでコシがあり、孫達も嬉しく食べて
くれて良かったです。細いので1才になる子供にも
小さく切り重宝です。また機会があったら買いたいと
思っています。食卓での釜揚げうどん、家族ワイワイで
とても良かったです。
長崎県 石川様

【五島うどん】
やはり地獄炊きうどんが最高においしい!
卵に絡ませるのが大好きです。
長崎県 松本様









五島うどんレシピ


【地獄炊きうどん】


地元では、鍋で煮立てたうどんをそのまま醤油や飛魚(あご)だしつゆで食べる『地獄炊き』が定番です。今回はおすすめの食べ方を紹介します!

材料(3人分)
 五島うどん  300g
(つけ汁)
 卵      3個
 醤油     少々(お好みで)
 ネギ     少々(お好みで)
 鰹節     少々(お好みで)

◎ 作り方
1・大鍋にたっぷりの湯を沸かし、麺をバラバラにして少しずつ入れ
  箸で軽く混ぜます。再び煮立ったら、吹きこぼれない程度に火加減
  して6~8分程度煮ます。
  お好みの硬さに茹で、鍋のまま食卓へ!
2・器にに卵を溶き、醤油を少々・ネギ・鰹節を入れる。
3・茹で上がった麺を2につけて召し上がって下さい。
※麺を取る時すくい棒があると、とても便利です。
※鍋が熱いので火傷に注意して下さい。


【うどんサラダ】

簡単ですぐに作れます!!あっさりしていてツルっと口に入ります。
季節にあわせて野菜やトッピングを変えてお楽しみください!

◎材料(2人前)
五島うどん   200g       ☆だし汁   160cc
水菜      30~40g       ☆薄口醤油        大さじ1
プチトマト   20g          ☆みりん   大さじ1
刻み海苔    適量        ☆塩     少々
しらす干し    適量
胡麻油      適量

◎作り方
1・沸騰したたっぷりのお湯で五島うどんを茹で、水洗い、水切りを
  しておきます。
2・しらす干しを胡麻油できつね色になるまで炒めます。
3.☆を混ぜ合わせて冷ましておきます。
4.1の五島うどんを器に盛り、食べやすい大きさに切った水菜とプチトマトを
  のせます。
5・炒めておいたしらす干しをふりかけ、☆をかけます。
6・最後に刻み海苔をのせて出来上がり!!


【鶏塩うどん】

今回は手延べふしめんを使って作ってみました。
うどんとは違った食感でお楽しみ頂けます。

◎材料(2人前)
手延べふしめん  150g        鶏肉  1枚
長ネギ      1本       水 1000cc
塩        小さじ1/2     鶏ガラスープの素  大さじ1
ブラックペッパー 適量

◎作り方
1・手延べふしめんを茹でる。6~7分程、お好みの硬さに茹で、水洗いをし
  ザルにとる。
2・鍋に、材料の水・塩・鶏ガラスープの素を入れ、煮立たせる。
3・2に鶏肉、長ネギを加えてアクをとる。
4・鶏肉に火が通り、長ネギが柔らかくなったら、茹でておいたふしめんを
  加えてひと煮立ち。
5・仕上げにブラックペッパーを振り入れ出来上がり!!


【カルボうどん】

◎材料
五島うどん      200g       卵          2個
ベーコン       100g       生クリーム   200cc
めんつゆ       大さじ1    粉チーズ・黒コショウ   適量
オリーブオイル  適量

◎作り方
1・卵、粉チーズ、黒コショウを混ぜる。
2・オリーブオイルでベーコンを弱火で炒める。
  生クリームを入れ、ふつふつするまで火を入れる。
3・火を止め、湯切りしたうどんを2に入れる。
  1とめんつゆを入れ、手早く混ぜ合わせて出来上がり。

五島うどん雑学集

【五島うどんの産地】

九州の最先端、美しい東シナ海に浮かぶ五島列島。大小あわせて140あまりの島々が連なっており、豊かな自然景観と複雑で変化に富んだ地形で、ほぼ全域が西海国立公園に指定されています。長崎県本土の西に位置し、北東側から中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島の五つの大きな島などからなります。五島列島は北東から南西に伸びている為、全体を大きく二つに分けて、北東側を「上五島」南西側を「下五島」と呼んでいます。五島うどんは主に上五島で作られており、現在は30件程の製麺所があり、伝統の味を引き継いでいます。


【五島うどんの歴史】

海の幸豊かな東シナ海。その美しい東シナ海に浮かぶ五島列島は、その昔遣唐使の寄港地として栄え、大陸の文化をいち早く取り入れてきました。五島うどんの麺作りもその頃大陸より伝えられ、五島の一年を通して吹く潮風や、清涼な水、自然塩、島に自生する椿から採れる良質の椿油を使い、独特の五島手延べうどんに育ちました。現在でも麺通の方々に「幻のうどん」と呼ばれ、素朴ながらも洗練された味を守り、一本一本丹念に作り上げてゆく細くてコシの強いうどんです。


【五島うどんの原材料】

五島うどんの原料としては、主原料である小麦粉と副原料の塩と水、それに作業の工程で塗る椿油と、いたってシンプルで、乾麺は自然食品と言われる由縁です。一般的にうどんは中力粉で作られますが、細めの五島うどんは厳選された中力粉に準強力粉をブレンドしたものを手延製法により引き延ばし熟成を繰り返す事によりグルテンを100%引き出す事で、あの五島うどん独特のコシとツル味が生まれるのです。


【五島うどんと椿油】

五島うどんに使われている椿油は、ヤブツバキという種子1㎏から約250ml~300mlの油しか取れず、種の乾燥を除いて3~7日かかります。椿油は酸化・変質しにくく、オレイン酸を豊富に含んでいます。保湿性が高く、蒸発しにくい。サラッとしていて浸透性が良いという特徴があります。他にも悪玉コレステロールを退治し、紫外線をカット、殺菌作用の効能があります。この椿油は、頭髪・全身オイル用としても使用でき、髪や肌に潤いと栄養を与え、肌を健やかに保ちます。また食用としても使われており、五島うどんにも乾燥防止や、麺どうしがくっつかないよう表面に塗られています。これは、とても優れた天然植物性純度100%の椿油だから安心なのです。


【五島うどんと塩】

五島うどん作りには塩も必要です。生地の弾力や伸び、べたつきを抑える役目を持ち作業をしやすくしてくれます。五島うどんに使われている塩は、五島灘の海水を汲み上げて出来た塩を使っています。


【五島うどんの太さ・長さ】

五島うどんは伝統的に細く、たき上げた時にやっとうどんらしくなります。五島手延べうどん振興協議会では、検査規格があり麺線の太さは、長さ19㎝の麺で100g中80本~90本以内という決まりがあります。規格でいうとヒヤムギ程度の太さになります。そのため、麺の太さが決まるカケバ工程では、計量器でそれぞれ量りながらの作業です。また、五島うどんの長さは主に19㎝で、他に25㎝があります。


【五島うどんの保存方法】

五島うどんは、直射日光や湿気を避けて常温で保存して下さい。また、長期に置かずお早めにお召し上がりいただいた方が美味しくいただけます。尚、賞味期限は1年です。


【五島うどんの茹で方】

五島うどん一袋(300g)3人前を3ℓの沸騰したたっぷりのお湯に、麺をバラバラに少しずつ入れ、くっつかないように箸で軽く混ぜます。再び煮立ったら吹きこぼれない程度に火加減して6~8分煮る。お好みの硬さになったら火を止め、ザルに移し手早く流水で水洗いします。      

※麺を茹でる時や麺を水洗いする時など、火傷に十分ご注意下さい。

 ◎五島うどんの茹で方ポイント                        

①大きめの鍋で   ②お湯は100gに1ℓが目安   ③さし水ではなく火加減を   ④茹で上がったら手早く水洗いを!


【五島うどんとあご(飛魚)】

五島うどんとあご(飛魚)日本海側へ産卵のため回遊していきます。卵は10~15日程で孵化し、その年の秋には10~15㎝程の未成魚に育ちます。秋になると冬を越すため暖かい東シナ海へ回遊していきます。あご(飛魚)は一年程で成長すると考えられており、次の年には卵を産むため再び来遊します。


【五島うどんの美味しい食べ方】

《冬は地獄炊きうどん》たっぷりの湯で6~8分間好みの硬さに茹で、鍋のまま食卓に供し、直接鍋から五島うどんをとり、お好みのつゆ・薬味をいれてお召し上がり下さい。《夏は冷やしうどん》少し柔らかめに茹でた五島うどんを冷水でよく洗い、よく冷やし、ざるうどん・冷しめん等、お好みのつゆにつけてお召し上がり下さい。


五島うどんができるまで


1.【練り上げ】

小麦粉・食塩・水をこね合わせ(めん生地)を作ります。食塩の濃度はその日の気温、湿度に応じて微妙に変えて行きます。
その日の作業の良し悪しが決まる工程でもあります。


2.【足踏み】

良くこねた(めん生地)を平らな板の上に返し、ビニールをかけ足踏により均一に踏み広げます。とても体力のいる仕事です。


3.【切り廻し】

踏み広げた(めん生地)を包丁で渦巻状に切り廻し、一方では丸めながら1本のロープ状に巻き込んで行きます。


4.【細目作業】

かさねたロープ状の麺線を引き伸ばしながらヨリをかけ、麺紐にとさらに細くしていきます。ここで初めて五島特産の椿油をかわき、くっつき止めとして使っていきます。又、椿油を麺線にぬり付けるのは、熟成、延ばしの繰り返し作業の長い手延製法だけの特徴でもあります。


5.【こなし(小均)作業】

さらにねかせた麺紐より、また麺の大きさを整えながら、さらに細く長く麺紐にと延ばして行きます。


6.【カケバ(掛巻)作業】

細く成った麺紐にヨリをかけながら2本の棒に8の字を描くように掛け室箱に入れねかせます。


7.【こびき(小引き)作業】

室箱から取り出した麺紐を熟成の進み具合や天候を見ながらおよそ50cm前後引き延ばします。その間、1工程終わるごとにねかせと延ばしをくり返します。


8.【ハタかけ作業】

「はた」と呼ばれる道具でさらに大きく引き延ばしながらハシ状の棒を使って分け延ばして行きます。
乾燥の前段階、うどんとしての麺線の大きさの最終段階を迎えます。その間、練り上げから目標の麺の太さに成るはたかけまで6時間を要します。


9.【乾燥作業】

経験をもとにその日の天候に合せ、乾燥具合を見ながら「はた」の位置を変え、少しずつ乾燥させ一昼夜かけ朝を迎えます。
(2日工程と言う事になります。)


10.【こわり作業】

翌日、麺水分を14%以下に乾燥させた麺を、製品サイズに切断します。


11.【選別作業】

麺線の不揃い、曲がりの分を取り除いたりの選別をします。


12.【検査作業】


問題がないか、さらに検査します。


13.【結束作業】

切断されたうどんを計量、袋づめ又は結束して箱詰めします。


14.【出荷】

箱づめされたうどんは製造を終え、製品として皆様のお手元に

届けられます。

【送料込みでお得!メール便お届け】お試しセット 五島うどん 200g×3袋 あごだしスープ付

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送休止

8月10日より8月17日は夏期休暇休となっております。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら


ページトップへ